給料の3ヵ月分は嘘?

給料の3ヵ月分というのは、そもそも宝石会社のキャッチコピーのようなものであり、 給料の3か月分の輝きをというキャッチコピーが実際に存在しているのです。 宝石会社もかなり大胆なキャッチコピーを出したものですね。愛情は、その程度の価値があるものとすらりと言ってのけたのです。

そして大衆はまんまと宝石会社のキャッチコピーにのっかり、給料の3か月分は当たり前でしょうという常識を持つようになったのです。しかし、実際に、大衆がキャッチコピーにのっかってしまったということは嘘ということでもないのです。結婚とはなんなのでしょうか。大衆に迎合しなければならないものなのでしょうか。カップルのものと言えばカップルのものですが、それでもカップルは世間を意識して過ごしていかなければならない社会の歯車のひとつに過ぎないのです。

問題は、キャッチコピーということを知り、それでも一般的にそのキャッチコピーは常識化しているので、参考判断にする意味は持っているようです。給料の3ヵ月分というのは、本当でもないですし、嘘でもないのです。給料の3ヵ月分というものをある程度参考にしてみて、あとはそれぞれの人たちがそれぞれの考えを持ち接してみればいいです。